2019 はてなダイアリーから移行しました

MDTフェス@日比谷野音

ROVO presents MDT FESTIVAL 2019
@日比谷野外大音楽堂


GW最終日、今年も無事に開催、そして無事に参加できて、
無事にいつもの後方席を確保できました。


トクマルシューゴ
ユミコちゃん入院中ってことで別の男の人が代役、なんかのバンドの
人らしいですが嬉しそうでした。
トクマルさん自身も半年ぶりのライブらしく、この会場の雰囲気に
押されてとっても楽しそうにしてた。
序盤のMCで「山本さんに聞いたんですけど、終わった後駅に向かう道
酔っ払いの死体が一杯なんですよね」とか、
「ロボってこんなバカなイベントずっとやってたんですか」的な。
聞きようによってはむかつく人もいるかもだけど、俺は好意的にとらえたよ。
だいぶ長い間聞いてもなかったし新しい曲もわからないんだけど、
相変わらずのにぎやかな楽曲と透きとおるような歌、良かった。
野音ぴったりだって思った。
終盤に「パラシュート」、そしてラス前に「ラムヒー」。
ラムヒーの落ちサビから終盤に入るところを何度も繰り返す。
「終わりたくない」「俺が弾かなきゃ終わらないんだ」。
本当にこのまま終わんなくていいと思った。
前に見たフジのホワイトよりも今日の方が俺は良かった。


toe
ショルキーの女性と一緒に登場。
コトリンゴさんだったのね。
で、1曲目、サバス「ウォーピグス」のカバー。
女性ボーカルで独特のリフ、そりゃ名曲だからね、いい曲だわさ。
女性ボーカルなんて意外だからほーってなるわさ。
それですごい、とか言われてもな。
っていうぐらい、やっぱどんだけエモーション見せてもやっぱ根源的にこの人達の
人間性が好きじゃないので音楽が入ってこないんですよ。
うまくやってるな、他で聞いたらいいと思うかもって思うけど。
周りは好評っぽかったし、別に現場でディスる気もないので
一応拍手とかはちゃんとしました。


ROVO
ロボ前にちょうど空が晴れてきてよい気候。
まだ明るさが残る18時18分にメンバー登場しスタート。
勝井さんステージ出てすぐ、歓声にこたえて両手を突き上げてた。
最初からこういう気合の入り方、なんか珍しい気がする。
新曲から開始か、と思ってたけど確かに「バティス」かも、
いずれにせよいい入りだった、最初っから自然に踊りに誘われていく感じ。
次から新曲3連発(だと思う)。
違うセトリ上げてる人もいるけどあれなのか、acceto、kamaraは
(kamaraはKmaraとは別っぽい)新曲の名前なのか、
2018年の4月のツアー時にメンバーが見るセトリと思われる紙に書かれていた
曲名と思われるもの。
あと「8x7」ってのともっさん新曲だな。
それはそれとして、2曲目は岡部さんのリズムが主導する曲。
中盤のギターソロでもっさんが爆発。
いつもよりも多めのノイジーギター炸裂超良かった。
次が岡部さんの手拍子というか拍手から始まる曲。
で、多分来るだろうと気がはやってしょうがなかったもっさん曲。
静かな始まりからのもっさんロックギター来たー。
これ確かにぱっと聞きだとありていのロック曲みたいに聞こえるのね。
これがどんどん展開していくギターとヴァイオリンのケンカ?
掛け合い?交歓?そんな長いソロの応酬とか、頭ぶっとぶような
爆発展開とか、前半の山場でした。
ふーって一息つく少しの間、それからシンバルのバシーン!って
音が入る大仰な炸裂音を絡めての「n'popo」。
なんだが、アレンジ入ってることもあって、そうだよな、多分
そうだよな、これからコンドル飛翔開始するんだよな、っていう
信じきれないとこがあったり、ほんとはもっとちゃんと曲わかってると
こういう無駄なやきもきなく楽しめるんだろうけど、これはこれで
またいいのかもしれない。
いったん休憩みたいな周りの様子を感じながらステージと音に集中。
「ランド」のヴァイオリンのメロディーが始まる。
キタ!ほんとうに野音にコンドルが来た。
でも、まだすっきりとは信用できない、でも、大丈夫、こないだ
聞いたばかりこのメロディは間違いない。
ゆったりゆったりと、ほんとはトイレ行こうと思ってたんだけど
野音にコンドルが飛ぶことは多分もう今後ないかも、って思って一瞬たりとも
見逃さないでいたいって思った。
20分超のコンドル大飛行、バックの照明は光の点線でコンドルの
ような模様が羽ばたく、そんなイメージが見えた。
関係ないってか関係なくないけど、今日の照明ももちろん迫田さんでは
ないはずだけど今日は迫田さんも観にきていたらしくて、
また彼女とROVO、勝井さんとのコラボを観たいと思いました。
つっか迫田さんを見たい。
脱線しましたが。
次第に加速していく「コンドル」にさすがに何かを気づき始める野音
酔っ払い共、これね、俺の勘違い、なんだろうけどちょっとスパークが
早くなかった?
この次第に上がっていく感じ、早く発狂してぎゃあああって気持ちに
なって声を出したいんだけど、その反面もうちょっともうちょっと我慢
最後まで冷静で回りよりもう少し我慢、みたいなのもロボの楽しみの
一つであって、この狂ったバカばっかの野音で俺は最後まで冷静に
音を受け取り続けるんだ、って思ってたらなんかあれもう展開すんの?
みたいになってしまって拍子抜け。
いや、それもまた面白かったけど、いいロボだったよ。
アンコールは「シノダブ」2017フジロック思い出すな。
最後ちょっと意識を軽くして気持ちよく踊る、幸せ。
この曲だったか忘れたけど、益子さんがすごい踊ってるの、
前からそうだっけ?
俺はこないだのトクゾーで初めてそう思ったんだよな。
今年も最高のロボ、17年、いつも最高をありがとう。


セトリ
1.Batis
2.新曲?
3.新曲?
4.山本メソポタミア
5.n`PoPo
6.Land
E1.シノダブ


後日ですが、最近爆発タイミングでの椅子ジャンプがマイブームの
ハラダさん(野音では微妙なタイミングでのジャンプになってたような)
から結構腹立ったけど嫌味で返すようなツイート。
また誰かが缶をステージに投げたらしい。
続いて勝井さんも注意喚起のツイート。
前回はビンを投げたやつがいてその後からビンは禁止になったはず。
当時はほんとに史上最強に客の質が悪くなってて、ピークだなって気はした。
ビン禁止も止むを得ない、それよりも続けてくれることが大事。
そう思ってあれから何年だろう。
増え始めた子供連れ参加、その子供たちがもうだいぶ大きくなってる。
今回は目の前の3人家族、娘さん小学校中学年ぐらいじゃね。
ずっとちびまる子ちゃんの本読んでたのに、ロボ始まったら両親と
一緒に跳ねててほんと微笑ましかった。
俺も子供欲しかった、こんなふうにできたら最高だっただろうな。
いやでもこれも運命なんだろうな、俺自身のせいでって後悔することは
一杯あるけれどもそれを言っても何にもならない、悪かったということを
ずっとしっかり抱いてこれからを生きるしかないのだ。
で、言いたいのは一旦幼子が来るようになって落ち着いた感あった
宇宙の日も子供の成長と共に落ち着きをまた失っていったということ
なのかもしれない。
まあでも今回確かにかなりいい感じではなかった、雰囲気的になんとなく
良くない時期の客層のにおいがしてた。
マジでやめて欲しい、この自由を奪わないで欲しい、勝井さんだって
そう思ってるはずだよ。
17年築きあげてきたものを大切にしてほしい。
簡単なことだよ、缶をステージに投げるな。
それと、来年が野音使えないかも話。
勝井さんは来年ダメでもまたここに戻ってくるって宣言してくれて、
それは本当にその気持ちを信じているし嬉しいけれど、
オリンピックごときで使えなくて開催なしとか残念過ぎて。
そっちがやめろよマジで。
でもね、仕方ないならそれで、違うことしてほしい。
宇宙の日一年空くとか無理だから、違う場所でやってください。
あるでしょ東京離れてもいいから、いいとこ探そう。
そんないろいろ思ったMDTフェス17年目でした。


今勝井さんの言葉を思い出して胸が熱くなってる。
「初めてきてくれた人も、ずっと来てくれてる人も、ありがとう。
また必ずここに戻ってくるから」