2019 はてなダイアリーから移行しました

罪と罰@紅葉坂ホール

地点「罪と罰」神奈川公演
@紅葉坂 神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホール


この劇団がいろいろ悪い意味で話題になっているのとか、どういう演出なのかとか
全く知らずにカミさんが「罪と罰」の演劇見たいというので来てみました。
カミさんは学生時代ロシア文学専攻だった(チェーホフメインだったようだが
原卓也先生の授業を受けていたらしい)というのと俺もこの小説は浪人時代に
世界が転換するぐらいの衝撃を受けたので。
史学科志望を哲学科にしようと思ったのもこの変の影響。


演者は10人ぐらい、主要人物が結構小説の訳そのままのセリフを使ってやりとり。
ものすごく印象的なのが、しょっぱなから最後までずっとつづく、執拗な
「あっ!」という発音。
相手に指を指し突き付けながら定期的に「あっ!」っと声を上げる、
そのテンポに合わせてセリフが進行する。
それに対して各演者事に決め台詞のような言葉が混じる。
ロージャは「知ってます!」、ソーニャは「あした!」みたいな。
いろんな途中の私情をはさんだいざこざシーンを織り交ぜて、最後は苦悩する
ロージャが婆さんを殺すに至る心の中をぶちまけるクライマックスへ、
という流れに四半世紀前の感動というか激しく揺れ動く感情が蘇りました。
途中ちょっと別のところで意外に印象に残ったのが、スヴィドリガイロフが
ドーニャを追い詰めるシーン。
決死のドーニャにピストルを撃たせ、最後は諦めてドーニャを逃がしたシーンに、
当時はなかったスヴィドリガイロフへの同情が芽生えた。
いやー2時間ものすごいテンションの連続、すっげー疲れたけどとても面白かった。
演劇ってすごい、そしてドストエフスキーはすごい。


ってのはおいといて、これ原作知らない人がどこまで理解できるのか相当謎。
説明らしい説明ほとんどなしで原作から抜き出した登場人物のセリフだけやから。

麺 鶯谷 長山

鶯谷 ラーメン長山
・ラーメン 750 普通盛、細麺
・生ビール 450 一番搾り中ジョッキ凍ったジョッキ


7年ぶりぐらいですかね、朝ライブ前の1122入店先客8。
1133着丼、俺の後の客の太麺と同じ時間の提供っておかしくね?
そのせいか麺柔めでした。
乳系豚骨スープはうまい、チャーシューほろほろ。
いろいろ思うとこはあるがなかなかおいしかった。

今日の練習

ジョグ5kmぐらい 時計忘れ
30分ぐらい 時計忘れ


時計付け忘れたけどまあいいやと思って走り始めたら眼鏡も外し忘れ。
良く見えると気持ちいいものやね。
冬晴れのみなとみらいラン、調子も良くて最高っした。
もう少し距離踏んでもよかったけど今日はこの後も予定一杯なので軽め切り上げ。
今日の音楽はコロナ騒ぎの中来週来日公演を敢行するフォールズ。
ピロピロギターダンスロック気持ちいい。


72.95kg、20.4%

狂うクルー@アースダム

SCUM BIRTHDAY 2020
@新大久保EARTHDOM


なるべく避けたいハコナンバーワン。
6年ぶりに来ました。
なんか知らんけどバースペースへの通路がびたびたになってたりして
最初からもうやだほんとここ来たくないっていう気持ち。


MELT-BANANA
押してたおかげでメルトバナナ開始に間に合った。
轟音過ぎて音響的に埋もれたとこもあったけど、アクションが見える位置には
行けたのでやこさんの動きに合わせて爆発できて超気持ち良かった。
これはほんとオリジナルだよな、素晴らしいです。


・TIALA
以前にも見たことある若いハードコアノイズバンド。
言ってることわからないので勢いあっていい感じでした。
フロア受けもとても良かった。


・KURUUCREW
村田くんハピバ遂に不惑だそうです。
開始前のMCがすでに結構酔ってて顔赤い。
やるか、ってことで開始。
例によってサックスとギター村田は終始後ろ向き。
悲しげなサックスメロディの繰り返しとノイズ風ギター、疾走するリズム隊、
途中テンポがトリッキーな曲とかあって面白かった。
しかしイワモーターのシンバル高いのは前からだっけな。
客にもシンバル高いぞーって言われてた笑。
酔った最前外人が「what a fucking good!」って何度も叫んでたりした
超サイコーな気持ちいいライブ。
本編終わりテンコがちっさいケーキにローソク4本立てたのもってハピバを先導。
その後アンコール、途中ギターノイズから中原さんがシャウトノイズで共演でした。
久々見れて良かったよ。
スカムバースデーは俺がノイズにハマり始めた頃、この界隈の深さを知ったイベント。
でも前回は多分相対性理論目当てだった気がする。
前回2009、まだ20代だった村田君が40歳、また10年後やってるなら行く。


っで、外出たらまた雨よ、ここ来るといつも雨な気がする。

閏日神舞 二部@キネマ倶楽部

3776 × OTOTOY 企画vol.8〈閏日神舞〉第2部 : 富士山神話 LINK MIX
@鶯谷 東京キネマ倶楽部


・3776
定刻ぴったり始まりで2011終了。
富士山神話の神々(悪者含む)にカノサレ、おちゃ、963、キスエクの萌るりと
ちよのさんが扮してなんとなくどたばたした感じの音楽劇を披露する。
進行役の語りに浄瑠璃担当としてあいな、ヴァイオリン生伴奏としてキスエクりんさん。
ごちゃごちゃと同時進行の話が進んだと思ったら片側にスポットあてた形で
再度巻き戻してやり直し、みたいなのを含めて進んでいきます。
その中にリンクモード終了以降の3776楽曲が配されて全体と合ってるんだか
なんなんだか。
そんな感じで不思議なままになんか納得させられたような変な達成感で終了。
前方の客手拍子続けてたけど、この形でアンコールはないやろ。
受け止め方が良くわからない、3776のライブでは何度かそんな機会があったけど
今回もそんな感じ、でも見れて良かったなって思う。
石田とちよのさんの次の何かをまた期待します。

キスビー@タワレコ錦糸町パルコ

KissBee インストアイベント ミニライブ&特典会
@タワーレコード錦糸町パルコ店イベントスペース


2部まで時間があるので近くで、と別に見たくないけどこちらへ。
結構いっぱいでした。
若いヲタが多くて大変。


・KissBeeYouth
1曲だけ。
へろへろしてるが若いヲタには関係ないようだ。


KissBee
7人に増加してました。
2曲目に「ファンタジー」、終盤にアゲアゲ的な曲。
コールだらけでうっさいのなんの。
まー中身ないからこれぐらいでちょうどいいのかも。
たまたま横浜で見てからみさきさん気に入ってだいぶ長いことのんびり見てきましたが
もうさすがにいいかな。

閏日神舞 一部@キネマ倶楽部

3776 × OTOTOY 企画vol.8〈閏日神舞〉第1部 : 宵宮 (よいのみや)
@鶯谷 東京キネマ倶楽部


会場が広いので余裕あるけど寂しくなくてそれなりに盛況に感じる適度な入り。


・広瀬愛菜
「フレンズ」から開始、歌はうまいなってのと可愛くなったなというのと。
(笑わなければ笑)
久々に見る、というか、リンクモードの時の山梨側ってほとんど見たことないので
3776リンクモードお披露目時以来かもしれない「わたしのものてす」山梨バージョン。
最後は今の自分の持ち曲らしい「サマーレイン」。
いい曲、いい歌ね。


セトリ
1.フレンズ ・・・レベッカカバー
2.わたしのものです(山梨)
3.サマーレイン


・彼女のサーブ&レシーブ
私服?っていうような成り、ラケットなしでふにゃふにゃにやにやライブ。
ラリーの曲開始でMC、「ラブマジック」「チェリオ」で最後知らない曲「ワン」でした。
のんびりほんわかいい曲やなーってライブ。


・O'CHAWANZ
いちこさんは上のサブステージから登場。
3人になったのね、じょしゅあんぬさん去年3月で契約終了だったそうです。
ユルラップなかなか良い感じ、いい曲ね。
終わって掃ける前、しゅが「いちこママみてますかー?」。
いちこ「晒さないであげて!」。


・XOXO EXTREME
上のサブステージからさっそうと登場。
ふんわり系グループが続いた後というのもあり、目まぐるしく展開するバキバキ
プログレッシブが映える。
後半は「きぐるみ」から「セブンミニッツ」、すさまじいなと思いました。
完全に頭狂ってる。


セトリ
1.Birth
2.Progressive Be-Bop
3.キグルミ惑星
4.The Last Seven Minutes


・963
だいぶ久しぶり4か月ぶりか。
2人とも髪をおろして巻き巻き、ぴーぴるさんも高校卒業だし、水着仕事も多くて
なんつうかいい女感。
「ドロップス」始まり後のMC。
こんなにいたらアレにかかるのも時間の問題、って笑顔のぴーぴるさん通常営業。
「ストロー」はやっぱ染みるな。
「NEW」「ホシノフルマチ」と新しい目の曲をつないで最後は「さいあい」。
去年新曲でタイトルまだって言ってた曲、かな?


セトリ
1.ドロップス
MC
2.ストロー
3.NEW
4.ホシノフルマチ
5.再逢


・井出ちよの
「もうすぐ高校生活」のイントロ曲がかかって、影ナレで開始。
登場して、学校一斉休校要請により昨日急遽卒業しちゃった話。
今日はやりたい曲セトリ、ということでしたが俺はあまり馴染みない曲でした。
ラストの「ぼんくら~」はダンスチューン、良かった。


セトリ
1.欲しい
2.台風一過
3.バイト初日
4.ぼんくら先生


それぞれ短い尺だったものの個性派地下ライブアイドルを集めて一気にみれる
なかなか気を抜けない良い時間でした。