2019 はてなダイアリーから移行しました

ベルハー@サンホール

BOUQUET PRESENTS IDOL ROCKS! Vol.3
@心斎橋サンホール


17時半ぐらいに到着、新しいのかそこそこキレイで地下深いけど
悪くない感じ、と最初は思っていました。
ホールも広いし、バーカウンターもちゃんと考えられているし。


drop
覆面のDJが終わってから最後の6グループ、
回りのどっかのヲタが「こっから怒涛の3時間やな」的なことを言ってた。
そうね、ドロップちゃん、結構盛り上がる、リフトダイブあって
結構激しいのよね。
で、前方よりの真ん中ぐらいにいたんだけど5列目ぐらいから後ろは
ほとんどステージがみえまへん。
ステージ低い、あれじゃ奥深い後ろのほうなんも見えんだろう、っていう。
そのために後方はカメラの映像がみれるようモニターがいくつかあるんだが、
それはちょっと違うよねー。
で、ドロップちゃんツインテじゃねえ、と思いつつ相変わらず
フェイクの多い歌やってました。
まあカワイイからしょうがねえんじゃねえか。


・大阪☆春夏秋冬
噂の関西の要チェックアイドル登場、ってことで地元のやつらなのか
結構ガラ悪そうなやつらがわらわらとフロアへ。
ハードロックな音にめちゃくちゃしなやかでうまいセンターボーカルの
女の子の声がフロアを突き抜けます。
マイクは3本ぐらい、なのかなあ、基本はそのめちゃうまいセンターの子、
あとメインじゃないとこを周りが歌ってあとはダンス、みたいな。
ダンスも非常に攻撃的でダイナミックな感じでああ、これは確かにすごいとオモタ。
ハードロック一辺倒でもなくバラード的なのとかもうちょっと崩れた感じも
あっていままでどこにこんなの潜んでたんだ、とは思いました。
曲が真っ向勝負というか、べるはちゃんみたいにひねくれ曲がってないとこが
俺的には普通の曲だな、になっちゃうけどそこはマス的にはむしろOKだからな。
とりあえず今みれたのは良かった。
まだ平均16歳とかなのね、あの自信に満ちた表情はなんだろう、メジャー感か。


・Pass Code
おそらくこの日最もフロアが盛り上がったと思われます。
大阪での人気は本物ですな。
今日も四人だったけどいつもいない子が入ってました。
見慣れないショートがいると思ったらそれはやちいちゃんでした。
はいもうかわいいかわいい、ほんとかわいい、しょうがない。
パスコの曲には慣れてきて結構聞きたいのあったんだけど半分ぐらいは
勢い系になっちゃうからもうちょっとピコエレ多目だとありがたい。
ほんと残念なんだけどやっぱりやちいちゃんの煽りやだな、慣れるのかな。


かなーり荒れまくりで天井の照明とか釣ってるバーに一杯ぶら下がる
もんだから主催っぽい覆面がそろそろ冗談じゃなくやめてくれ、っていうMC。
それに全力オラオラ関西弁で罵声を返すガラの悪いどっかのヲタくたち、
まあお里が知れますよね(うちじゃないですよ)。
俺は別に暴れるぐらいいいと思うけど、上のバーは折れたり落ちたりしたら
ライブできなくなったり支障出たりするよね、それはやめて欲しいって思った。


・-petit pas!
ちゃんとみたことなかったんですが、これまた結構暴れる系なのね。
なんかさ、振り付けっていうよりはオイオイ煽るだけっていう
パフォーマンスってずっとやられるとどうかと思っちゃうな。
パスコのあとで人はだいぶ引いたんですが、少ないながらめっちゃ暴れまくってました。
今日はいつものキチガイ女ヲタいなくていいなー、って思っていたら
すんごいリフトして暴れまくってるオンナヲタがいて、まさかと思ったら、
別人でした。良かった。いや、結局そういうのここにもおるんかい、っていうね。
しのざきこころちゃんっていう有名モデル/DJ兼アイドルさんがセンターなんすね。
ちっこいけど金髪ショートで気が強そうでよく言われてるようにもがちゃん的な。
ちんちくりんもがちゃんやね。
終盤に主催者に罵声浴びせてたガラの悪いヲタと同じかわからんが
「さっさとナーブやれ」のヤジがとび、ステージだったか前のほうからだか
わからんけど「うっせえよ、死ね」的な女の子の声がしてヤジったやつ黙ってた。
だっさ、だっさの局地やったな、俺やったら泣いて帰るわ。


BELLRING少女ハート
「レイニー」始まり、もんのすごい気合入ってました。
みずほやばかった。
多分荒れ系の雰囲気に負けないように田中Dの煽りも入ったんだと思うけど、
こういう時こそ独自路線でいいと思うんだがなあ。
「レイニー」じゃ4人になっちゃうし、勿体無いじゃんね。
からの「アスマ」ここでやるか??
真ん中から後ろのほう余裕あったし最後回ってかなりこれはこれで
キラキラした素晴らしかったんだけど、ここで出すのは違ったよなー。
結局今日の客層って楽曲よりも勢い重視、どれぐらい他より暴れるか的な感じが
かなり強かったので「クリムゾン」と「ワイド」は違うと思うの。
もっと完全に落とす、静まり返らせる、もしくは「アッチェレ」「ゲリチョパ」
「シャウト」系でいくか、少なくとも「ワイド」よりは「リバリー」だったな。
とはいえ「サーカス」「キャンディ」「エッジ」はさすがに沸いた。
ただ俺のいた真ん中らへんなんて「キャンディ」の横移動知らんやつほとんど、
確かにべるはT少なかったし、おまいつもほんとに少なかった。
ってかMうらさんいたけど「ヲタちゃんファイト」やってなくない?俺はいいけど。
前日1500円で1時間半超のライブみれてるのにわざわざ大阪まで来て
倍以上の金はらって30分のライブみるかっていうと、まあないよね。
っていうことなのか、大阪シーンはまだべるはちゃんを受け入れられていないのか。
ライブみてなんぼってとこはあるからそれもあるかもね。
つうことでしっかり汗かいて堪能したけれど、総体的にはあまり会心
ライブとはいえない30分でした。


セトリ
1.rainy dance(4人)
2.asthma
3.Crimson Horizon
4.サーカス&恋愛相談
5.c.a.n.d.y.
6.the Edge of Goodbye
7.WIDE MIND


・BiSH
一応トリだしフロア半分近くビシュTだったし、ここだけはそれなりに女性ファンも
いたし、というのでやはりメジャー(知らんけどまあそっちだろ)の強さとか
地上波テレビの強さってのはすごいものがありますね。
勿論、わかりやすくハードでエモい楽曲の良さ、やり過ぎ下品なパフォーマンス、
話題づくりのうまさ、とかね。
あとステージ今回みてて改めて、アイナだっけ、すっごい歌うまい子いるよね、
うまいというか力強いのに加えて声が一人ハモりしてるみたいな、
あの声は聴く、現場で感じる価値があると思います。
さらに大して難しくなくて簡単にまねできるけど味のある振り付けもビス時代から
受け継がれたグループのコアな力的なとこある。
曲調がちょっと単調になりがちなのが残念だが、3曲目ぐらいのコミカルなメロディ
のやつとかいいなー、って思いつつ、そこでほんとの終電にならないよう退散しました。
あ、ちなみに荒れてはいたけど盛り上がりはパスコの方が断然勢いあった。
どうもなんか暴れられるから、的な奴らの需要はこっちの方が強いみたい、うんわかる。
始まる前とかさガラわるそうな奴らがにたにたしながら「飛距離競おうぜ〜、」
とか言ってんの、もうみてらんない。お里がしれますよ。


どうもこの日の大阪はジェイソウルなんたらのライブがあったせいなのか
結構どこもホテル高くてあんまりなくて、1万かけるぐらいなら実家帰ろうって
思ってたので、終電一本前の松阪行きになんばから乗りました。
前にもやったけど、これ全然ありやね。